外資系の会社からリストラ、再就職までの道のりとは?

日本もグローバル化の波に乗っている真っ最中とも言えます。そのため外資系の企業がたくさん進出してきています。
こういった企業に勤めている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな中リストラという不幸な事態に巻き込まれた方にお話を聞いてきました。
リストラから再就職までの流れを少し考えてみましょう。

まず注目すべき点があります。
それは「外資系である為に労働組合が無い」場合があるという事です。
この労働組合の有無で仕事は大きく変わってくるでしょう。当然リストラの可能性すら左右されます。
外資系をリストラされた方の中にこんな意見がありました。
「いざ国内の会社(外資系以外)に再就職を考えたけれど、お給料が低い」
と言われます。

労働組合の考え方は世界的に見ても日本独特に進化してきているようです。
というのは、大きな対価(高いお給料)を得られなくてもそこで働いていける事が優先という考え方が日本人には浸透しているからです。
挑戦よりも安定という事です。
この事がある為に外資系から再就職を望む場合「お給料が低く見えてしまう」ようですね。
外資系はこういった労働組合がない分、お給料の設定が高いのですがいきなり解雇されたりなんてリスクは多くあるようです。

ですから外資系から再就職を考える方の中には、まず「お給料を自分で納得させる事が壁になる」場合があるようです。
とは言え、働かなくてはならない事実は変わらない訳で、リストラを受けた経緯があってもまた外資系に勤める方も少なくないようです。
結構知られていませんが、こういったリスクを秘めているのが外資系の特徴でもあります。
さらには世界の動向がモロに反映される企業もありますから、日本の経済事情なんてどこ吹く風という点もあり、その逆もあります。

企業自体が日本を中心としていない場合、そこで日本人として働くのは風習の違いもあるでしょう。
もしリストラの煽りを受けてしまって再就職が必要となったのであれば、その外資系で培った選球眼を活かしてアピールしていくのも一つの手ではないでしょうか。

今後更に日本はグローバル化の波の飲まれていくと思われます。
現時点で国内のみで仕事をしている企業もいずれはこういった観点を必要とする事が出てくるでしょう。
先取りで自分のアピールポイントを出していく事で、外資系から国内企業への再就職は不可能とは言い切れません。