リストラから再就職、お給料の目減りが気になる。

リストラされ再就職となるとやはり一番気になるのがお給料ではないでしょうか。
実際あるアンケートでもこの理由として一位に上がるのが「お給料が減った」というものでした。
そんなリストラされてから再就職の際のお給料について考えてみましょう。

リストラされた時点での年齢にもよりますが、日本の会社には「年功序列」という有難い制度のようなものが根付いています。
企業の歴史があれば益々顕著になるものなのですが、これはリストラを受けると一遍して自分の身に降りかかる訳です。
何故なら、そこまでの自分の仕事の歴史をクリアにされてしまうからです。これは本当に辛いですね。

実際に管理職等まで勤められた方によっては、再就職を機にお給料が半分以下になったという方もいらっしゃいました。
その後の生活を揺るがしかねない事態となります。さらにはプライドやキャリアも失ってまで仕事をしないといけない事だって十分あり得ます。

ですが、昔から当然この日本も進化してきています。それは雇用形態・条件にも言えます。
最近の求人情報を見てみると「それまでの経験や年齢を考慮します」とお給料欄に書かれている者が多くなりました。

企業側からすると「安い賃金を設定したばかりに有能な人材を逃してしまう恐れがある」という考えからです。
これは働き手からすると、非常に有利になったと言えるでしょう。
ある面から考えると「リストラを受けずにヘッドハンティングされた」とも言える条件であるからです。

リストラされた人間にとって、何より辛いのは「それまでとお給料が違う」という部分です。
それは結果として「プライドやキャリア」の評価にもつながる為です。
企業の中にはこれから成長を遂げていくものもたくさんあります。
業種は違っても共通する部分を備えていたりします。
確かにリストラされ再就職となれば、それまで勤めていた企業より規模が小さくなる事を容認しなくてはならないかもしれません。
でも、その規模が小さくなったがために逆に自分を必要としてくれる度合いが変わったりもします。
それは決してマイナスではなく、結果としてお給料だけではない何かを得られるかもしれません。
しかも今の時代は「考慮」がなされる訳ですから、お給料だけに目を向けず再就職を考える一つの材料としての見方に帰る必要があると言えます。