30代でリストラ?!再就職を考えてみる

リストラは一昔前に比べるとあまり耳にしなくなってきています。
と言うのも、企業としてこぞってリストラしてきた経緯がありました。これは非常にイメージが悪いからです。
当然世間からは「経営危機にある会社」というイメージも付きますし、新たな働き手を求める時募集しても中々人が集まらなくなるというリスクが絶えません。
ですが、今の時代も小規模ではありますが早期退職と名をかえリストラは起こっています。
そんなリストラを30代で経験した方々に話を聞いてみました。

やはり30代ですからまだまだ引退生活へは程遠い年齢です。働かなくてはならないでしょう。中にはこのリストラを機に社会から離れてしまってニートという方も少なくないようです。
リスクを背負うリストラです。ですが、このリストラからチャンスを見出し転機を迎えた方も多くいます。諦めてはなりません。

昔に比べて働き手側が非常に有利となった舞台があります。それはインターネットの活用です。
今はこれ一つで仕事が出来たりもします。
このインターネットを使った転職を活用しない手はありません。
Uターンや地域を限定しない形で仕事を探す場合、やり取りや情報の入手が容易になります。
特に住んでいる地域を変えて仕事を探していると、情報はどうしても限定されてしまいます。それでも電話連絡で就職活動をする方もいらっしゃいますが、情報の量と質が全然違います。
まずはリストラされた段階でこういったものへの登録・活用をする必要が出てきます。

リストラには気を付けなくてはならない大きな点があります。
それは「どういった理由でリストラされたか」です。これはその後の転職にも大きな影響を及ぼします。
理由が会社の経営事情による場合は比較的転職時の情勢として不利ではありません。むしろそのキャリアを別の企業が買ってくれる場合が少なくありません。
ですが、懲戒解雇を含めた自分の不手際が原因となる場合があります。これは次の就職時に情報が漏れたりすると面接すら難しい状況に陥ります。
この二つは同じリストラであっても大きく違ってきますから、出来るなら前者の理由となっている事が望まれます。

リストラを実施して企業は経営を乗り越えてきているという事実は、現代においては明白です。
それでも働かなくてはならないの事実です。
30代だからと諦めるのではなく、そこから自分の持ち合わせている経験や可能性を否定せずに前を向く事が再就職への第一歩と言えます。