リストラされて再就職が決まらない!?

再就職は転職を希望する者、若しくはリストラされたなんて方もいらっしゃるでしょう。
自分の希望として再就職を考えてもいざ決まらないなんて話は多いようです。
ではリストラされて再就職を考える方はどうでしょうか。前者よりも苦悩が多いというデータがあります。
そんなリストラから再就職までを少し考えてみましょう。

自分で会社を辞めたのであれば、ゼロではないかもしれませんがリストラされた方よりは後悔が少ないはずです。
でもリストラを受けた方にしてみれば、会社を辞める事は決して本意ではなかったと思われます。
そのため、再就職に至る前にその傷心を癒せないまま突き進まなくてはならない可能性が出てきます。

この部分が追い風となれば良いのですが、逆にこれがプライドに代わり結果として再就職を阻んでしまうケースがあるようです。
リストラされた時点での年齢や役職等でも違ってきますが、やはり再就職となるとスタート地点に立つ必要が出てくるでしょう。
これを中には受け入れられないという方がいらっしゃいます。課長職など管理職クラスまできた人間がまた平社員からなんて、難しいのは考えなくても分かります。
しかし、仕事をしなくてはいけない事実が重くのしかかり、この悪循環を繰り返して結果的に時間がかかってしまい再就職出来ていないという訳です。

プライドもキャリアも捨てる必要はありません。でも長年前の会社で仕事をしているうちに忘れてしまったものがあります。
それが若かりし頃なのです。
人間は年を重ねていくと、自分のマイナスな部分に蓋をしがちです。そのマイナスな部分には新人の頃の努力や苦しさも含まれたりします。
それらを思い出せなくては、永遠に自分を美化したままで進んでしまいます。
再就職を迎えたその時、それらをもう一度見つめなおす事が出来なくてはうまくいきません。

リストラは訪れたその人にしか分からない、非常に困難な壁とも言えます。
しかし、その人にしか分からない事は他にもあるはずです。
プライドやキャリアを持っているのであれば、それらを積み重ねた経緯があるのです。
それを思い出してみると、目の前の再就職なんて大した壁では無いように感じられたりします。
要は入社してからの努力ではないのでしょうか。それをしてきてお持ちのプライドやキャリアがある訳ですから。

再就職と捉える前に、自分の今の時点での状況ではない「これまで」を見つめ直す必要があるでしょう。

再就職活動は転職エージェントに登録することをおすすめします。一人で抱えて悩むよりも、プロの力を借りることで早期に再就職先を見つけることができます。
転職サイトや転職エージェントの比較サイト:http://tenshokustudy.com/