資格を持っていると再就職は有利なのか?

さて再就職を考える機会に資格保有者が有利なのかを少し考えてみましょう。
資格の種類によっては占有となるものや、持っていた方が有利というレベルのものまで様々です。
実際、資格があるから再就職がうまくいくとは限らないようです。

資格には前にも書いた通り「占有資格」なるものがあります。
その仕事をする上で必須となる資格です。これは企業側からしてみれば「この資格を持った人間がいないと事業が出来ない」ということもあり得ます。
この時こういった資格を持っていると当然応募資格が得られる訳です。そういった面では有利でしょう。
ですが、この資格を持っていても資格に加えて実務経験を持った人間と競う場合、正直何にもならないのが現状です。
応募先の企業にもよりますが、企業が既に事業を始めていて継続中の人員の入れ替え、若しくは新規事業の立ち上げに伴う場合の二つがあります。
どちらにしてもやはり「実務経験者」には敵わないのが実際のところのようです。人材を募集するうえである程度教育を省けるのは願ってもない事ですからね。仕方ない部分もあります。

資格取得=仕事がすぐ出来るとはならないため、企業側が資格を持った人間を査定する際やはり面接での印象やスキルが大きな要因となる訳です。
資格を持っていても運転免許で言うところの「ペーパードライバー」になる訳ですから、一定の実務経験を求められるのは必至でしょう。

資格取得が絶対的に有利となるかは、競っている相手が他にいた場合は有利にも不利にも働くため一概にそうは言えない状況です。
とは言っても、その資格が無くては仕事が出来ないのであれば「資格取得が大前提」となりますし、応募すら出来なくては意味がありません。

会社によっては長期的な仕事を考慮してもらい、資格取得まで面倒を見てもらえるものもあります。
この場合は資格や仕事の種類によって大きく変わってきます。
一定の経験を必要とする資格が多いのですが、年齢層の入れ替え(前任者の定年等)で教育を含めた入社を考えてくれている会社があります。
こうした会社は資格取得前でも応募は可能ですが、このケースですと資格取得者が有利となります。

資格を必要とする仕事はたくさんありますが、資格取得時の年齢やキャリアも大きな要因となるため資格取得のみで仕事に就けるのかは疑問が残る部分ですね。