リストラされて再就職、タクシー運転手を考えてみる

一時期は非常に良く聞かれた言葉、リストラ。そんな不景気な言葉が実際身に降りかかり、その後の転職を余儀なくされた方はたくさんいらっしゃいます。
そんな中で「タクシー運転手」への転職を果たした方にお話を聞きました。

ハローワークに行くとタクシー運転手の求人はたくさんあります。
この仕事に必須とも言える「二種免許」の取得からサポートしてくれるものや、未経験からでもしっかりと採用してくれる企業があるようです。

現代は景気の良い時代とは言えません。飲み屋街等にも人が少なくなったと言えます。
それでもこの仕事は求人を続けている状況です。
その理由としてお給料の多くを決定するのは「出来高制」であるからです。
最近はお給料の最低保証をしてくれる企業もあるようですが、あくまでも出来高は変わらないようですね。
そういった面からすると、企業は「働きたい人間が宣伝もしてくれる」事に加えて「開いている車(タクシー)を遊ばせないで済む」という二つのメリットがあります。
働きたい人間からすると出来高を上げなくてはお給料は期待できないので、いざ仕事についてもその後のハードルは多々予想できます。

出来高であるから故、気楽な仕事だと言う方も多いようです。時間帯としては夜間の仕事が多くなるケースもあります。
フリーな仕事である訳ですから、お給料は頑張り次第というところですね。
このバランス(お給料と仕事の重さ)はしっかり考えたうえで選択するのであれば、この仕事は続けていけるかもしれません。

個人タクシーという言葉もあります。これは言葉の通り会社に属す事無く許可を得てタクシーを走らせるという事です。
これは一回波に乗るとうまくいくという話も聞きます。
ですが、初期投資と準備が非常に厄介とも言います。その後も継続して運営をしていく負担がありますから、ハイリスクハイリターンとも言えるでしょう。

たまにニュースでも取り上げられますが「犯罪に合う可能性がある」というのは気を付けておかなくてはなりませんね。

年齢を見てみるとタクシー運転手さんは比較的高齢の方が多いと感じませんか?
どちらかと言うと会社勤めを引退して選択する方が多いようですね。気楽に老後に小遣い稼ぎという方が殆どです。
無理ではありませんが二種免許が非常に難しいという事も覚えておきましょう。