リストラされて再就職もうまくいかず…。すると?

リストラは現代において他人事では済まされません。
このリストラに至る理由は様々ですが、企業側のそんなにむげにはリストラとはしませんし、したくないでしょう。
やはり一番の理由は「経営危機」が多いようです。そしてこの理由は中小企業に多い問題でもあり、この日本で一番多い企業も中小企業である事がリストラを他人事と言えない理由でもあります。
最近では大手と言われた電機メーカーですらリストラや人員整理が頻繁に聞かれます。
そして降りかかる再就職という言葉。これは考え方次第では容易ではないと言えるでしょう。
再就職までに時間がかかりすぎると気持ちの部分で社会への復帰を諦めたりしてしまいます。
そんな事態にならないために、少し考えてみましょう。

リストラされた事ですら感じ方によってはショックでしょう。いや、どう考えてもショックですね。
そんな中、その傷心を癒す間もなくやってくる課題が再就職かもしれません。普通は焦るでしょう。
そこで立ち止まり、自分と将来を見つめなおすなんて理想論でしかありません。貯金もそうそう出来る時代でもなく、職を失った時点で通帳とのにらめっこが始まるものです。
再就職は本当にいつの時代も簡単ではありません。
しかし、今と昔では大きく変わったものがあります。それが「情報の収集」です。
これはインターネットの発展に伴って大きく変わってきました。
ですから、伴って再就職のきっかけを掴みやすくなったとも言えます。それだけ数撃てる時代です。
でもこれがことごとく外れてしまい、再就職に多くの時間を要してしまうと中には「うつ病」なってしまう方がいらっしゃいます。

どれを受けても受からないなんてリスクは皆同じなのですが、それがいざ目の当たりにしてしまうと「社会からの疎外感」を感じてしまうからです。
ある方は「情報があり過ぎて数撃ちの就職活動となってしまっている」と言います。
言い換えればそれだけ不合格のリスクを持つという事です。
当然、不合格を受けた数だけこういったうつ病等のリスクは高まるでしょう。

情報が多いだけに、一つ当たりの就職活動に対する力の入れ具合が小さくなってしまう恐れがあります。
就職活動事態に疲れてしまうため、ますます力が入らない事もありえます。

リストラという困難をまず乗り切って、その次に腰を据えて再就職に臨む事がこのリスクを減らせると共に、再就職を成功させるカギとなります。慌てては何もうまくいきませんから。